外為トレーダーマダイのブログへようこそ
■外為FXを<メタトレーダー4でテクニカル分析をしています。 外為トレードではチャートにて現状認識し、判断、実行する、その繰り返しでの基礎作りが最優先されます。


このチャートはCMSのVTトレーダーです、出先で一寸見るのに充分なツールです使って下さい
Forex Chart powered by CMS FX

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴールデンウィーク突入も私は朝から天皇賞の予想をしながらテキスト作成インドアだ
夕方は10キロほど走る積もりなのでそれまでは本を読んだり競馬中継を見たりのんびり行きますか

先ずはお題の今のクロス円のトレンドについて考えてみたい
ユーロ、ドルについては気が向いたら書くよ

考え方の基点を決めないと、なんでもそうだけどね
トレンドは円高月足を見ると小学生でも判るよ

テクニカル的に読むと105円台までは年内、円安に成る可能性があるかなとは見ていますけど
ファンダメンタルズでは円高要因が一杯なのは承知さ

もう少し踏み込んで考える

日本での個人投資家ではクロス円の売買比では断然円売りドル買いが多い、いわゆる買い方が8割程度

海外では少し低いと思うけど買い方が多い、特に今年に入ってからね



単純に考えれば買い方の利食いが出るので上げては押してジリポイ動きの繰り返しになると言うことです

下げるときは投げが出るのでスーッと下げてゆく事が多いのです

だから下げを取る値動きの感じと上げを取る値動きの感じは違うから

その辺もチャートを見て学びましょう

値動きにポジションを合わせるのが建て玉操作
予め強いトレンドが出るか、弱いトレンドになるのか
ポジション比から投資家の心理面、行動パターンを考えてみる

つまり自分が怖いところが飼葉で、喜んでいるところが勝馬投票券だということになります

ではでは良いゴールデンウィークを



スポンサーサイト
MT4 トレンドライン、レジスタンスライン、サポートラインの引き方

さて基礎的なことですが、意外と理解していないというか、教えるのがめんどくさいというかw

お金を稼ぐ道具なんだから自分でしっかり磨かないとね、刃こぼれじゃお金は稼げないと思わない?

サポートラインとレジスタンスラインですが過去に数回ピークを付けた所が心理的にも、ファンダメンタル的にも抵抗線になりやすいです

トレーダー達が意識しますからね

つまりポジションを持ったら決済しないといけませんよね?
ロングポジションを持った段階で売り手になります、上げ続けることも無ければ下げ続けることも無いのです、為替相場は相対だからこそ、レジスタンスライン、サポートラインは有効だといえます

レジスタンスライン、サポートライン メタトレーダー4
外為FXテクニカル分析基礎編公開講座公開判

基礎編ではリズムMACDのように私から積極的に教える事はしません
自分で調べ考えてもらいます
外為FXテクニカル分析基礎編


もともとリズムMACDは基礎が出来ていない人でも直感的にトレードできるように私が考えたもので
内容は小学生にでも理解できるように書いています、それでも出来ない人はいるかもしれません
特に学歴の高い人若しくは過保護に教育されてきた方でしょうね
受身なんです、知識は豊富ですが考えない、ちょっと調べれば判る事をすぐに聞く、依存心が強いのです
トレーダーで成功する方は常に能動的で自分の力で調べ検証し考え自己責任で行動します

基礎編では聞かなければ応えませんしヒントは与えますが自分で答えを探してもらいます

このブログを読んでいる人でも受身のままトレードが上達しないまますごすのか、ここで一歩踏み出し
私に、向かいトレーダーとして成長するのかですよね?

上手くなりたければMLにどうぞ
ブログの応援ありがとうございます、おかげさまで上位にランキングされています
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FXランキング


FX
外為FXテクニカル分析ユロドル4H メタトレーダー4

4Hです、基本は
先般も書いたように定石とおりの動きです、多少オーバーシュートしていますがね

ユロドル4Hテクニカル分析メタトレーダー4


生徒の皆さんにお知らせです、明日までにはこの反転の初動に入るための実践マニュアルを送りたいと思います。

ただこの定石がいつまでも続くわけではありませんよ
値幅も見ての通り狭い時もあれば大きい時もあります、オーバーシュートもたびたびありますし
どこで反転するか予想したって判りませんが、しかし

リズムMACDの手法はトレンドの変化を、リズムを感じトレンドに乗る事だけに集中するのです
そのために必要な事はこのようにしっかりとチャートを読む事です判りますか?
これが出来なければ使えない手法ともいえます。

ではでは
外為FXテクニカル分析 メタトレーダー4でもっと戦略的に考えトレードをしましょう

ユロドル4Hですけど私がどう考えどう見ているのか

解説を入れてるのでチャートを良く見ましょうw

ユロドル4H、基礎編


チャートは所詮過去のことしか判らないからテクニカルなんて使えない、果たしてそうでしょうか?
それは過去のチャートで値動き、通貨ペアの特徴、トレンド、時間経過をみていないからではないでしょうか

[外為FXテクニカル分析をもっと戦略的に]の続きを読む
外為FXテクニカル分析メタトレーダー4  4/10

ドル円4Hです、ドルが売られてるよですがストキャスでは売られすぎのレッドサイン点灯中です

ドル円テクニカル分析4/10


昨晩はトレード仲間とリズムMACDの話をしながら見ていましたね
上昇ペナントを形成中なのでどっちに振れるかな、この時に役立つのがMACDとストキャス、指標にもトレンドラインを引く方がいいですねダイバージェンスもよく発生します
MACD0ラインを切ったところで上を見ると丁度トレンドラインを切っていますよね
簡単でしょう!

詳細はリズムMACDマニュアルに書くつもりです、どこまで書くかは決まってないですから

指標を正しく見るためにこのように支持線やトレンドラインで目処をつけておきます

交流のある先輩相場師も基本通りのトレードです、特別な必勝法はないですね
あるのは実践経験と弛まぬ研究心、一番大事なのは........マニュアルに書くことにします


リズムMACDのやり方は過去の記事にも書いてる通りなんら隠し事はないし
リアルタイムで説明しています、ためしにここ→FXランキング

FX

FXに行きトップのブログを覗いてみたらいいです→FXランキング

FX

FX比較してみたらいいでしょう

4HMACDでリズムに乗る メタトレーダー4

H4ドル円チャート、クリックすると大きくなるよ
リズムMACDトレード手法のエッセンスです、これを無料で公開するんだからしっかり読み取ってもらいたいものです
リズムMACD解説

1.何でもいいんですがこの短期移動平均線と長期移動平均線がDC
しているという事はファンダメンタルズがドル安円高なんですよね。
戻り売りでしょう?別にここで入らなくてもいいんです,だって働いてるのにいつもチャートとにらめっこできないでしょう。

0ラインを超えピークを売ればいいんですよ簡単でしょう、だけど、MACDだけじゃ実行できないよね
だからブレインのシグナルを使うのさ


2、MACDの信号とピークに注目してみて
白丸で囲った部分はそうですよねプライスバーのピークと同じポイントですよね?


短い時間足でスキャルできます、そのポイントを戻り売りや押し目買いが出来るでしょう
判るかなw

3そうして下げ止まりも判るよねMACDやiTrendがピークをつけてますよね その上を見るとプライスバーが下ひげなんですよね上げ始めるまで結構時間があるので充分考える時間はあった筈ですね


これがリズムMACDの全貌ですよ
ピークや信号の変化を見ながらリズムに乗れませんか?
本日はここまでっす


追伸です
お友達のzhuanさんにBrainTradingSystem7.0の英訳をお願いしてましてw最近アップされていますから、そちらを参照して下さいね
質問等は私にお願いします、とても忙しい方なので悪しからず
[リズムMACDでリズムに乗る]の続きを読む
外為FXテクニカル分析トレンドラインサポート、レジスタンスラインの引き方を簡単ですが
簡単なんですけどね実際w

これが引けないとだめではないですが、トレードの基本だと認識していますw

トレードで重要なのはシグナルで入っても出口を考えていないと利食いが早かったり
せっかく利が乗ってるのに、逆にもちすぎて損切りになる事が良くありますよね

又、トレードが単発になりやすく今回のドル円ショートのように、入り損ねると、次はどこでポジションを持ってよいか判らなくなるものです

私も良くありますよ、クリックしてください大きくなります

トレンドライン、教材


バーをライン線に変え、山の頂点と頂点を結んだ線が下降トレンドライン、逆に底と底の頂点を結んだラインが上昇トレンドラインとなり反発の目処となります。


同じように支持線、抵抗線も引きますが頂点が一杯あるときは切りの良い値の所で私は合わせてみています

トレンドが強い時はブレイクしますのでベガスラインのフイボナッチラインを次の利食いのターゲットつまり目処にします


利食いの目処が今度は逆に、戻り売りのポイントになるわけですね。

今のトレンドは、ドル安円高なので、基本はショートが有利な局面です、なので、戻り一杯の目処がトレンドラインや上値抵抗線になります、プライスが近づいた時にまってましたとショートシグナルをみてショートポジションを持つという事です

あとは支持線やフボナッチラインをターゲットにして付いてゆくということです

詳細は私のテクニカル分析実践編を再度読み直せばどこでどう考えているのか
どうチャートを見ているのかポイント毎に解説を入れていますので

再度読み直しておきましょう

恐れすぎずにポジションを持ち、欲張りすぎずに撤収w



役に立ちましたら応援クリック等よろしくね

更新のモチベーションアップになりますのでお気に入りに入れてもらえると助かります、宜しくお願いします

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブックマークに追加する


外為トレーダーマダイを 為替ブログへ

ドル円収斂中ですもう少しでどちらかに放れそうですがどっちだろうw
今回は両建(繋ぎ)テクニカル投機について書く前にいくつか書いておかないといけないようなので

1.順張り、逆張り
2.支持線、抵抗線

本日は2.支持線、抵抗線を書いてみます。

解説をするなら 為替相場の流れに堰があり、支持線と考えます

売られてもここで買われる水準  買われてきても ここからは売り込まれるのが 抵抗線

為替相場はこの間を 行ったりきたりして どちらの堰が弱いかを試し どちらかが破られるまでこの動きは続く・・・

放れに つけというのがこれでしょう。


相場を喝破したあまりにも有名な名言をも吐いています

株を買うに高すぎることはなく 空売りするに安すぎることはない
    最弱抵抗線は 価格水準とはなんら関係ないからだ。

相場の世界ほど 歴史が繰り返される世界はない
    昔も今も 投機家は全く変わらないのに驚かされる
          相場も人間の本質も変わらない。

欲しい銘柄があったとしますね  買うには高くなりすぎたので 反落したら
買いたいと 私達は考えるわけですが
いざ安くなると 今度は逡巡して買い場を失います、私はよくありますw。

ショートもそうで、誰でも 何度かはそういう経験があるはずですよ。
  
なぜかくも考えがぐらついてしまうのか?

高値と安値の目処がいまひとつはっきりとは、解らないというのが 一因だと考えます、どうですか?

本や 先達を頼るより 過去の高値安値などの動きをを調べるのが一番では無いかと私は考えます。


相場の上手な人は株価のリズムに則り 売買しているはずです
それは自分の過去の経験に則して 誤りの少ないほうを選択する作業の積み重ねです。

過去の経験というのは 
過去の値動きに他ならないことですからね。

林爺や鏑木爺がチャートの手書きを励行されているのも 値動きを受け止めるのが目的であって、けっして人間修行や供養の為に般若心経を書くのとは違い、過去の値動きを捉えるのは 株価というものは繰り返す可能性が高いというのを学ぶべきだということだと 私は解釈しています。

そうでなければチャートなど 別に必要はないとおもいますし
その為替レートや、チャートはただの数字に過ぎず無意味です。

過去の値動きは 点であり 個々の点は無意味であっても 
その点はやがて結ばれて線になり私達に行くべき道を教えてくれていると、そう思いませんか。

「人は見たい物を観、聞きたいことを訊く。」外為FX両建て
最近USD/CADを取り上げたのには理由があります、最近底打ちをして下値がハッキリしている(注:再度下げる可能性もあります)
チャートを読む時のポイントが凝縮されている点と底値がハッキリして起点が判りやすい。

又、触っている人が少ないので、それ程遠慮せずに書ける点、ワザワザ難しい相場に手を出す必要はなく目処が付けやすい通貨ペアでトレードや練習をしたほうがいいと判断して取り上げています。

チャートを読む要諦は後日譲るとして、チャートを漠然と眺めるのではなく、ポイントを決めて順番に見ていけば今は上昇中なのか、保合っているのか、転換点が近いのか、底値、高値圏なのかが判るはずです。

判らないのは先のことを考えるからです、チャートは現時点から過去のことしか判りません、諦める事です。

「知っている事と出来る事それを繋ぐのが知恵、知恵は汗をかいて絞る」

記事には私がチャートを読むときの知恵、工夫を書いています、簡単なことですが参考になれば幸いです。

「トレンドは思惑に逆行する」外為コツコツ



為替  FX  外為  為替レート  南緒式デイトレード,半年で2億円稼いだ手法!  DealBook FX2
外為com 外為ドットコム 外為どっとコム
[チャートを読む⑧]の続きを読む
外為トレーダーマダイの外為戦略
USD/CAD続きです。
Aの丸ですが下から25青10ピンク5黄日足の順番になってますね、そして陽線が多い、上昇トレンド中という事です、決してショートポジションを持ってはいけない場面です。

Bの丸ですが5、10DMAを日足が下抜けしてます少なくともこの日にはロングは手仕舞はなければなりませんね、次の日は大きく下げてます
5DMAが10DMAをデットクロスしてますが少し遅いですね、ここら辺は工夫が要ります。

Cの丸ですがAの逆ですね、と言う事はロングは危険ですね。
ただし乖離が大きくなってきましたから反動が出そうです。


為替  FX  外為  為替レート  南緒式デイトレード,半年で2億円稼いだ手法!  DealBook FX2
外為com 外為ドットコム 外為どっとコム







[FXで年利100%への道]の続きを読む
外為トレーダーマダイの外為戦略
USD/JPYの日足です、今日は移動平均線を入れてみましたのでそれを元に
見ていきます。

黄色  5DMA
ピンク 10DMA
青   25DMA
です。

1の丸中を見てください
7/5日に包み線が出ています反転のシグナルです10.25移動平均線はまだ下向きですが5DMAは上向きになりそうです。
7/7日には5DMAを完全に実態が抜けています7/10には大きな陽線がたっていますね。

2の丸の中は7/25日にはらみ線が出て次の日から大きく下げています。
陰線が続きその後移動平均線も下向きですね。

さて3の丸ですね、どうですか皆さんの判断は、先週ちょうど、YU☆KAさんと昼間やり取りした所です。
38.2を上抜けするかしないかで揉み合っていましたが陰線も多く上値が重い状態でした保合った状態では線組みも移動平均線のブレイクも当てにならないのがよく判ると思います。
1や2の方が仕掛けどころが判りやすいと思いますがどうでしょうか。

本日USD/CAD61.8のラインも割ってしまいました、落ちるナイフは
掴んではいけませんロングはもう少し待ちましょう。
画像は続きに入れてあります。

為替  FX  外為  為替レート  南緒式デイトレード,半年で2億円稼いだ手法!  DealBook FX2
外為com 外為ドットコム 外為どっとコム



[FXで年利100%への道]の続きを読む
外為トレーダーマダイの外為戦略
今日はフィナボッチをなぜ入れているかについて説明します、簡単です

2002年の1月から下げ続けてようやく底を打ったのか?判りませんが反転しています、上げ始めたばかりで、どこが抵抗線か支持線か判りにくいです、底値がハッキリしているのでそこを起点にしてフィナボッチラインを入れてみたわけです。

USD/CAD1D8/22


2006.5.30の安値1.0971~2006.7.24の高値1.1456、ね簡単でしょう
支持線、抵抗線がハッキリしている時は、私も、使わないのですがこのように起点がハッキリしている時は判り易くて便利ですから覚えておいて下さい。
当然ですが上げている時は陽線が多く、下げている時は陰線が多くなってますね、逆行しているときを見てください押し目は陰線、戻しは陽線でしよ、あたり前ですが
カウンターに注目です1万人目は誰でしょうコメントお願いしますよ。
自分だったりして●~~~~~~~i_( ̄ー ̄*)点火OK

「トレンドは思惑に逆行する」外為コツコツ


為替  FX  外為  為替レート  南緒式デイトレード,半年で2億円稼いだ手法!  DealBook FX2
外為com 外為ドットコム 外為どっとコム

[FXで年利100%への道]の続きを読む
外為トレーダーマダイの外為戦略
本日はUSD/CADを取り上げました。

USD/CAD5分足ですしっかり窓を埋めにきました珍しいので貼っておきます今日はもう一つ貼りますよ、続にあります。

USD/CAD5M

クリックすると画像が大きくなります。

カナダ6月小売売上高の発表後分足では窓をあけて上昇したのに、よわちぶりを発揮してます(→o←)ゞあちゃー


為替  FX  外為  為替レート  南緒式デイトレード,半年で2億円稼いだ手法!  DealBook FX2
外為com 外為ドットコム 外為どっとコム

[FXで年利100%への道]の続きを読む
ロウソク足で判断する前にいくつか見なければいけません、フォーメーションや移動平均線の傾き、価格の位置、支持線、抵抗線、トレンドライン、ニュース等のファンダメンタルズ、当然ですかね。
詳細は過去にもいくつかチャートを貼っているのでそれを見ていただければ
理解する事ができると思います、又今後もチャートを貼っていきますから参照下さい。
チャートを読む⑥に陰線、陽線のことを書きました、それだけでも相場参加者の心理が判るのですが更に、線を組み合わせ、型を見ることで判り易くなりますね。
底値圏で出ているのか、高値圏で出いるのかでもその意味あいは違ってきます。
此処に下げ始め、上げ始めてからの日柄が充分にあるのか出来高の変化
移動平均線の傾き、オシレータ系のチャートで売られすぎ、買われすぎなのかを見ればシグナルとして信用度がますと考えます。
具体的なことは過去のチャートを見てくださいね。
上げ下げ全部取るのは難しいので、得意な通貨ペア、得意なパターンを作り自分の型を作る事が肝要ではないでしょうか。

「トレンドは思惑に逆行する」外為コツコツ

為替  FX  外為  為替レート  南緒式デイトレード,半年で2億円稼いだ手法!  DealBook FX2
外為com 外為ドットコム 外為どっとコム



[チャートを読む⑦]の続きを読む
続きです
ロウソク足の陰線、陽線を見て皆さんどう思います?
私はこう考えます。
値段は売り買いが成立し、初めて値が付きますね。

陽線は、買いたい人>売りたい人
陰線は、買いたい人<売りたい人

あたり前ですかね.

ロウソク足の長さ(値幅)に参加者の心理が映し出されているのではないか。

高値圏での長い陽線は参加し損ねた人が、少ない売り物に飛びつく。

底値圏での長い陰線は参加者がもうだめだと耐え切れずに投げ出すも
買い手が少なくどんどん値が下がって更に投げが投げを呼ぶ。

どうやら私にも心当たりがあるようです、書いていて痛いです

更に、髭や、十字線が加わり、相場参加者の喜怒哀楽、呼吸が見えてくるような、そんな気がしませんか。

すみません、考えをまとめるのがちょっと難しいので明日に続きます
申し訳ありません。
「トレンドは思惑に逆行する」外為コツコツ

外為トレーダーマダイ


[チャートを読む⑥]の続きを読む
EUR/USD、二点天井をつけそうだったのですが、値動きが大きいのと少しごっちゃとしているので、ちょっとチャートのアップやめました、下髭が長いので悩むところです。

コメントの中にチャートを見るのが難しいとありましたので私の考えを少し書いて見たいと思います。
チャートをアップする時はなるべく少なく線を描いて見るポイントを絞ってるので判りやすいと思っているのですが、、、
基本は簡単、単純、素直
所詮、先のことは判らないと諦める事です。
過去から現時点までどう動いているのかは誰でも見れば判る事と思います、そこで前回の高値、安値、移動平均線の傾き、オシレーター系で過熱感を見る事である程度の目処が付く筈ですね、そこで戦術戦略を考えれば良いのではないでしょうか今日は此処まで、明日に続きます。

「トレンドは思惑に逆行する」外為コツコツ


外為トレーダーマダイ


為替  FX  外為  為替レート  南緒式デイトレード,半年で2億円稼いだ手法!  DealBook FX2
外為com 外為ドットコム 外為どっとコム








[チャートを読む⑤]の続きを読む
外為トレーダーマダイの外為戦略

USD/JPY17D


USD/IPYの日足です、後解説で申し訳ないですが、特徴的なので貼っておきます。

二点天井をつけて、三つ目の山で116.7のラインを抜けずに下がってますが、このパターンは結構ありますので覚えていたほうが良いでしょう
又下げ始めのところにエンジ色の楕円で囲んだところにはろうそく足の組み合わせで包み線が出てます。

「トレンドは思惑に逆行する」外為コツコツ


為替  FX  外為  為替レート  南緒式デイトレード,半年で2億円稼いだ手法!  DealBook FX2
外為com 外為ドットコム 外為どっとコム

[FXで年利100%への道]の続きを読む
SEO対策:fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。