外為トレーダーマダイのブログへようこそ
■外為FXを<メタトレーダー4でテクニカル分析をしています。 外為トレードではチャートにて現状認識し、判断、実行する、その繰り返しでの基礎作りが最優先されます。


このチャートはCMSのVTトレーダーです、出先で一寸見るのに充分なツールです使って下さい
Forex Chart powered by CMS FX

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リズムMACD練習編
皆さんのなかには連休入りされた方も多いのでしょう?
私は未だです、本日は休みなので朝からしっかり玉の鍛錬ですばいニコッ♪建て玉操作 キOタマじゃなかバイォ「

態々狭いところで練習です、ハッキリ書けばテケトーパンダ

こんな感じのところは極力避けるよう生徒たちには言ってますが
玉の操作が出来れば別に何てことは無いです
両建て朝錬


先ずはいつも通り戦略ですレンジでの上昇中の押し目ですからロング側を入れたい
でもM5では下降トレンド

なので、ショートを建てたんですがすかさずロングでつなぎますこれが本命ポジ

しかし

トレンドが弱いので一旦外す、ショートは維持

下抜けせずに反転したので追っかけ気味にロングで再度全つなぎ
この時点で収支はトントン面倒なので値は出しません、今回は玉の操作ですから

ユロドルでトレンドが弱いと判ってますので慌てず下げたところで最初のショートは外します
とりあえず利食い、今回は玉の操作の練習なので此処で終了

本来ならショートで全つなぎで凌いで更にロングを引っ張るところでしょうが
止められなくなるので太陽てるし、買い物に行って
生徒へのテキストを作成

このように、例え二回目のつなぎが引かされていてもいいのです、方張りならロスカットですから

このまま上げていけば切ればいいし、今回のように下げたら外せばいい
これが出来るのも最初の戦略と玉の操作技
があるからですね


玉操作の鍛錬はFXブロードネットの1000通貨でやっています、引かされてもいいですし増し玉とか何度も出来ますしね、心理的な負担も少ないです


スプレッドですがドル/円 yユロ/ドル0.5銭 一応ねjumee☆faceA61手数料無料なので私はここを使っています
FXブロードネット
上
信託保全ですからまあ合格です、残念なのはドル円0.5といっても開いている時が多いなというのが印象です手数料無料なので黙ってます

練習は相場が静かな時やっていますので先ず関係ないけどねパンダ

焦らず、諦めず

グー!FC2 Blog Ranking クリック感謝ですグー


[建て玉操作の訓練]の続きを読む
スポンサーサイト
先週ドル円は行って来い
とりあえず今週は連休モードという事で
全つなぎ状態です。

ポン/ドル今ポンドルに合わせた手法を構築中、雛形は出来たので
やりながら修正かけていけばいいかなw
検証して感じた事はレンジなので一ヶ月に一回のチャンスで分割でポジションを持ったらツナギで凌ぎながら反対玉の入るタイミングを待つ
ですかね。

「トレンドは思惑に逆行する」外為コツコツ
私の、ドル/円でのリズム、うねり取りは少し変わってるw
それは、創意工夫を行い、単純化しているからだと思う
削ぎ落としてるからね、ずいぶんと。

難しいい事ややらなくても良いことはやらないようにしています。


勝つ確立を上げる事ではなく、なるべく易しい意やり方で成功する為の技能、技術を高めていく事を目指しているからで

例えば
ドル円のリズム取りはたまにしかやらずうねり取り中心
結構ゆっくりで区切りはほぼないだろうと考えてます。

逆にポン/ドル、ユロ/ドルのやり方は又違うわけで
此方はどうしても、少し出入りが多くなるしリズム取り
中心になってくる、ですからどこかで区切りを入れていく
必要があります。

当然の事ながら両方とも、当てものではないので分割、つなぎを使って損をしないよう建て玉操作を行っていきます。

損切りは殆どなく、バイカイもしないですね。

トレンドを追っかけずにタイミングを待つのがポイント

十人十色でその人の性格、生き様、健康状態(肉体、精神)でやり方は違うのですが、ゆっくり玉を重ねていく事と不断の努力はみな同じです


「人は見たい物を観、聞きたいことを訊く。」外為FX両建て


建て操作の基本を程度理解した人でも、いろいろ技術の本を読んでいるうちに次々に疑問が出るようです。

私が薦めてるのは

立花爺の「あなたも株のプロになれる」
逝去されても人気は衰えません
後は林爺の本
外為FXの本ではないのですが基本は同じ。

仲良くしている人や両建でツナギを覚えたいという人には薦めています

話は戻りますが
今まで、建て玉操作、ツナギをしたことが無いことに対しての恐怖や疑問ということなんでしょう、すべて経験しないとわからない。

その経験の途上でやってみると大抵50%は失敗をします、半々ですね。

当たり前で、慣れない事を挑戦してまぐれ以外成功するはずが無いのですw

ただこうした失敗はその程度が致命的でない限り成長に必要な失敗です、失敗を恐れるよりも経験として受け止めたほうが成長は早いです

高学歴の人、一流の会社に勤めてる勝ち組みといわれてる人は
失敗を恐れ嫌がるのでそれが壁になってしまいます。

その致命的かどうかを決めるのが試玉の使用や資金管理と損切りになってきます、心理的にはムキにならないということ、曲がった建て玉をすっぱり損切りする技術は一人前になる必要条件の一番大きな部分というのを失敗して始めてわかる、そうやって一人前になるわけです。

ジュアンさんもだいぶゆっくりとできるようになってきたので
慣れてきたのでしょうw

「人は見たい物を観、聞きたいことを訊く。」外為FX両建て


ドル円、円安に放れましたねw間違えてましたね

月足、週足では円高になりそうだったので予想どおりではあるのだけど
収斂していたので円高に放れてもおかしくは無い状況でした。

なるべく相場観を持たず、逆に、自分が上がりそうだとかんじたら
蓋をして冷静に相場を見るようにしています。

この不断の訓練でポジションサイズが大きくなっても扱うペアが多くなっても慌てず冷静な判断が出来るようになっていきます。

慣れない人にツナギを使ったやり方を教えるとポジション操作が走ってしまいます

結局混乱してしまい、せっかくの波に乗れずに労多く、儲けが少なく
大きな波に乗れない事になってしまいます、ひどいときは向ってしまいます。

最初に月足、週足にて直近高値、安値に目処をつけ、現在のレートの位置を確認する

それから戦略、そうどこをどう取るのか、不利な局面はどう対応するのか、資金管理を含め考えます。

また、玉を重ねるように建て玉していきます。
保ち合いの時には保ち合いの戦術で、トレンドがでてる時はそのトレンドに合った戦術を選択します。

全勝=全敗の危険があります、ですから
戦略を建てるときにどこまで我慢できるのか
損を少なくして凌ぐのか、凌いだ後は大きなチャンスが待っています

ピンチの時わくわくし、順調に乗ってるときが緊張する、そんな感じで
私はトレードしています。

結局、上達=自分の建てた戦略を信じるしかありません
勝率が5割ならば5/10回は負けないとね

10回ポジションを建てたならば5回は負けて当たり前なのですから
長く相場に立ちたいならば此れをよく考え、受け入れておかなければいけません。

戦略面が甘いとどうしても迷います、ではどうするのか?
後は、経験です

経験を積んで、戦術面を鍛えながら自分の力量にあった戦略を建てる
失敗を恐れてはいけません

失敗や厭な経験は私達を正し道に導いてくれます
素直に、謙虚に、前向きに、値動きを追っかけず
ただただトレンドに載ることだけに集中



「人は見たい物を観、聞きたいことを訊く。」外為FX両建て


ドル円、収斂していて暇なので真面目な話でも少しだけw
私の手法はロング偏重型のリズム取り、うねり取りで
もある、ある規律性を持った売買で相場観は排除していながらも
チャートを読んでます、タイミングを取る時に見ていますね。

なに?

そう、初めに戦略を建て、その戦略に則って局面に応じた戦術を展開しています。

但し、相場の値動きやファンダメンタルズだけではなく私の健康状態や
気分でも変化していきます。

戦術を決める為にチャートを読みます。

通常、グラフを手書きしたり、場帳を書いたりするのですが私はやりませんw

なぜならば負けないように戦略を考えてるからで
下げたら損でもいいと考えてるのです。
それ以上にロングで稼げば差し引き勝ちになる。

でも先日の売買譜を見たらわかるように、ショートでもしかり稼いでますがw

やろうと思えばロングでもショートでも上下で取れるのですが
相場の張り方が小さくなってしまうのが厭なんですw

普段の小動きの相手に反射が出来てしまうと、相手が本気の動きになった時に振り落とされる、あいは向かうという反射が出てしまう。

利を取るのは小さくても相場は大きくうねりに乗りたい、それが望みですね。

よくトレードの事を話していて頑張りますと言う人がいますが
残念ながら頑張ってもうまくはなりません。

理屈はいらない、単純化と基礎練習を相場を張っている限りは続けるしかない、そう信じて諦めない事、只それだけでいいと思っています。

大サービスだなw

「人は見たい物を観、聞きたいことを訊く。」外為FX両建て







FX外為で両建のリズムうねり取り手法

ドル円の最近の売買譜だけ公開しましょう。

07-03-31 00:45 決済 894135 USD/JPY 117.41 ー1        残玉  1ー3
 
07-03-30 23:07 新規 951162 USD/JPY   118.38  1 ー       残玉  2ー3

07-03-30 11:17 決済 943559 USD/JPY   117.65  ー1        残玉 1-3

07-03-29 23:15 新規 943559 USD/JPY   117.85  1ー   
   残玉  2-3

こんな感じです

まだ円高に振れる可能性も高いのでそれを意識しながら
損しないように建て玉操作をします。

なぜ?円高を警戒するのか

それは投資資金がグローバル化されて株、商品先物、為替、債権等に
分散され、少なからず影響が出るからです。
ニューヨークの株価が下がれば円売りの買戻しが行われ
スパイラル式に暴落の可能性もあるからですね。

取り越し苦労かもしれませんが、警戒は怠らないようにしなければいけません。

「人は見たい物を観、聞きたいことを訊く。」外為FX両建て


FX外為で両建のリズムうねり取り手法

今ドル円買い下がり中ですすぐに変更w
安く買い増しをしましたw
現時点では117.45まで上げてきたのでショートを狙っています
多少ポジションを出し入れしてますが薄利なので
保ち合いなのでゆっくり出入りしています。

現在は残玉は  1-3 です

もう少し保ち合いが続きそうですから少し戦術を変更して
ショートを増やす予定

少しずつポジションを広げながら増し玉リズム取りをしながら
大きなうねりを取りに行きます

目先の薄利での出し入れは感覚を作るためのものですから
どうでも良いんですね。

ゆっくりと少しずつポジションを増やしトレンドがでた時に
利益確定で大きく取れれば。

現時点では戦略通りに巡航中w

「トレンドは思惑に逆行する」外為コツコツ




ドル円しかしチョッピーな動きでw

3/23 118.15 1ー 残玉 1-2 117.30

プラス170pip

「迷ったら手仕舞い」、昨日は買い増しだったのですが
週末という事もあり薄利で一枚ロングを外しました。

どうも手が合っていな、もう少しゆっくり買いあがるか

円安になっても円高になってもいいようにポジションを置いています

トレード初心者         トレード上級者

薄利で利食い。         粘る

塩漬け大好き。         淡々と損切り 

一回発勝負。          分割、両建使用

ファンダが気になる       ファンダは後から確認

レバが高い           レバは少ない

多数のペアを手掛ける      扱うペアは少ない


値動きの激しい流動
性の少ないマイナーな
ペアが大好きw
                 流動性の高い値動きが素直なペア
                
                 
どうでしょうか?

達人になってくると、シロートみたいな売買譜になることがあります

しかし、それは感覚や戦略面がしっかりしているからです

簡単そうですがマネができません。


後、枚数もすごく少ないのが特徴なんです。

いろんなタイプの人が多いので一概にはいえませんがw


 
FX外為で両建のリズムうねり取り手法
売買譜
今買い下がり中

3/20 117.45 -1 0-1
3/20 118.10 1- 1-1
3/21 117.15 -1 1-2
3/21 117.71 -1 0-2

かなり適当に入っているようですがルール通りの
意味のある建て玉操作ですw


今日は株価が上がりそうでいいね。

NY株式21日(NY時間16:32)
ダウ平均   12447.52(+159.42 +1.30%)
S&P500    1435.04(+24.10 +1.71%)
ナスダック   2455.92(+47.71 +1.98%)

CME日経平均先物 17475(大証終比:+335 +1.95%)

出来高(億株)
NYSE    16.32
ナスダック 24.20

21日のNY株式市場は大幅に上昇し、全面高の様相
となった。FOMC声明がハト派的な印象となったことから声明発表後
買いが強まり、ダウ平均は160ドル上昇した。

声明の内容は住宅市場の表現が前回の「安定化の兆候」から「調整は継続中」
となり、サブプライム問題に一定の配慮をしたともとれる。
また、これまで「追加引き締めは今後の動向次第」から「追加引き締め」
という表現は削除され、「政策調整」と表現が変わったことも、ハト派な
印象を与えたようだ。

FF金利先物市場で6月の利下げ確率が50%を超えるなど、利下げ観測が
外為FXは両建が合う!外為トレーダーマダイです。

昨日の続きw

チャートに意味など無いなんて乱暴なw

相場が、トレンドがどの方向を向いているのか、前回の高値圏に来ているのかなどなど。

そこまでです、それ以上は判りません、あなたはチャートから何を読み取りますか?

チャートからどう情報を引き出し建て玉するのか此処に工夫があります
此れ無しではどのような手法も充分機能する事は無いと考えます。

「人は見たい物を観、聞きたいことを訊く。」外為FX両建て




円高にもう一度振れていますね、やはり上値は重かったようです

明日はチャートアップして見ましょう

外為FXは両建が合う!外為トレーダーマダイです。

いろいろなFX外為商材を研究検証しながら、マダイ流トレード必勝法
の研究をしております。

昨日の続きです

チャートを読む目的は一言で言うと現状認識に尽きます。

チャートに意味はありません、数字だけです。

チャートを見て、それだけで何かがわかった気になってはいけない。

チャートを見た後で、いかに考えるか、ということが大事で、「何が読み取れるか」が大事なのではなく、「何を読み取るか」が大事なのです。

チャートを穴のあくほど見つめても、何かがわか
るわけではないのです。

チャートを見たあと、頭で何を考えるかが大事、いかに見るかが大事なのではなく、いかに考えるかが大事なのです。

同じ事実を見ても、異なる認識ができる。

愚者は愚者の事実を見出し、賢人は賢人の事実を見出す。
どう認識するかは、各人しだいであって、各人の認識は事実そのものとは異なるのです。

次回へ続く。




「トレンドは思惑に逆行する」外為コツコツ
外国為替証拠金取引、FXのトレードで有効な手法を研究しています
製造業という仕事柄どうしても、トレードを手順化して行う事が好きなようです。

日々のトレードやデモ、過去のチャート検証のなかで特に建て玉操作
を中心に考えてきました。

もともと、株式トレードで培ったチャートを読む手順は出来上がっていますので、外為FXのチャートに合ったインディケーターの設定が一番苦労しました。

なぜならば、建て玉操作とチャートは連動しているのでチャートが読めなければ建て玉が出来ないからです。

建て玉操作も私なりの工夫があります、それはトレンドの波に
微調整しながら乗っていくという事、つまり一発を狙わない。

何回かポジションを建てたり外したりする事で波に乗っていきます
少しずつ修正をかけるイメージですね。

実際のトレードでは、コストダウンの利食いや、ヘッジ繋ぎの損切り
の連続でポジションが常に入っている状態を維持していくことにあります。

具体的な手法は残念ながら今のところ公開は出来ません、しかし、数名にテストしてもらってかなり好評なんです此れがw。



次回は戦略、戦術面を少しだけ書きましょう。

両建に使っている口座はこの二つで中々使いやすくてお勧めです。
外為どっとコムHirose-FX2




「トレンドは思惑に逆行する」外為コツコツ

SEO対策:fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。