外為トレーダーマダイのブログへようこそ
■外為FXを<メタトレーダー4でテクニカル分析をしています。 外為トレードではチャートにて現状認識し、判断、実行する、その繰り返しでの基礎作りが最優先されます。


このチャートはCMSのVTトレーダーです、出先で一寸見るのに充分なツールです使って下さい
Forex Chart powered by CMS FX

個人的に年末、年始は忙しくチャートもろくにみれない日々を過ごしております
実際首が回らなくなってますw
体ごと動かさないといけない状態で、しびれがでたら病院行きですね
以前ぽにょさんが書いていたけどバスタオルをロールケーキみたいにまいて首の下に入れ左右に首を振ると少し首の緊張は取れますのでやってますけど

さて、教室では以前とはやり方を変えて先ずは考え方から導入しています
それは資金管理の重要性と建てる、切る、建てるの玉操作
難しい事ではなく誰でも当たり前だなと思うような簡単なことなのですけど

それが出来ない人が殆どなんです

そこから
実践するためのチャートの見方や考え方の基点を決めます

後はひたすらラインを引き根拠を考える

トレースが出来るトレード

自分自身で売買ルールの構築を目指してもらいます

SNSでは考えることをw
自分自身の目で見て考え判断することを学んでもらっています


これは島津藩の日新公いろは歌です

「いにしへの道を聞きても唱へても わが行に せずばかひなし 」

実践家たれ!

ではでは

マダイ



リズムMACD教室を始めて1年過ぎてしまいました
まあ、最初は手法だけのつもりがチャートの基礎になり、今では建て玉操作と心理面まで来ている

ブログの記事にもアップしているのですが

とても簡単です、心の動きも合わせて書いていますがいたって冷静、淡々と操作しています
やり方は幾通りもありますけどそれはトレンドの変化に合わせて玉を動かすからで
基本は変わりません

先ずは何処をどう取るのか

チャートから判断して買いが有利なのか、売りが有利なのか決めます
プライスの位置から過去の動きから現状認識を行なうのです

決めつけてはいけないのですが上げやすきパターンなのか、下げやすいパターンなのか

ある程度判断は出来ます

判断が間違えるかもしれないという事

所詮予想は外れる、先のことは相場の神様しか判らない

ならば逆行したら切るか、ドテン 若しくはつないで蓋をする事で冷静になり様子を見るのか

狭いところでもコツコツやれば良いわけで、それを私が実際の売買で下手にやってみせているわけです

あれは上手い売買ではないです、それでも損を少なく利を大きくしてトレードを終了しています

どんなに強いトレンドでも押し目を形成します

ストップ狩り

ストップを刈り取った後には軽くなりスーッと上げてゆきます
取り付く島もなしですか

こんな感じで折角の利も無くし、結局波に乗れずじゃ無いのかな

続きに

焦らず、諦めず絵文字名を入力してください


グー!FC2 Blog Ranking クリック感謝ですグー





[建て玉操作の技能とは]の続きを読む
生徒には家族サービスをしっかりやるように言ってありますので
GWサービスでゲストの方に建て玉操作とは
テクニカル分析をどう私が使いこなしているのかその考え方と実践を公開します
簡単です
誰でも出来ます出来ないのは心の問題です

ドル円収斂時のトレード法

先ずはチャートを読みます

MAが収斂中です値幅は望めませんがいつトレンドが出るかは判りません

私は上値抵抗線、下値抵抗線を先ず見ます、画像に決めたポイントを書いています
理由は反転したからです

皆が注目する、注目するから機能する、機能するから使うです、素直でしょう笑

今日は内容が濃いから何度もチャートを見て学ぶようにお金を生み出すチャートとはどんなものなのか

これは私の認識を具現化したチャートだという事です、判りますか?

さて上値、下値が決まったらトレードです

でも決め付けてはいけないのです、相場は常にオーバーシュート
確実性を求めた瞬間から残高が減っていきます

戦略はレンジだからSTをメインに逆張りでトレードです

戦術
STのクロスを確認してでは今回値幅が無い分遅くなるのでロウソク足の感覚で早めにエントリー
なのですが~

今回はつなぎを使わずナンピンで練習をしてみる事にします、つなぎが使えない人もいるでしょうからね、玉の操作はいろいろあるのです技


先ずは ①で試し玉何処でもいいのです試しなので入れてみて強さとか感じを掴むために
私はわざと不利な位置で最初は入れます
上値抵抗線で本来なら全つなぎで凌ぎますが今回は方張りのみ下げをそのまま見ています

何を見ているのかといえばマイナスの数字つないでいたらどうなるか見ています
それで、ナンピンで入るタイミングを取るのさ

ロスカットを考え、下抜けしたら一旦ポジションを切る準備をしているので、ナンピンは慎重です
今回玉の操作は集中、慎重に成ります、マイナスでナンピンなので損が膨らむからです
狙って②を入れチャブっているところで両方決済です
FXブロードネットならば建て玉をすべて同時決済が出来るので両建てや分割には便利なんで使い勝手がいいですね、スプは広がってる時が多いのですが手数料が掛からないので
文句は言いませんけどね、FXブロードネットなら狭いところでもいいですねスプも狭いし、後は何処の業者でも似たようなものですw

一回目は上手くいきましたね、まあ薄利ですけど玉操作の練習も兼ねてますので
二回目は続きに


[リズムMACDOP講座5/5]の続きを読む
先日NHKの番組「理想的なスイングを求めて」スポーツ大陸でやっていた
スイングといってもトレードではない笑

石川寮選手にタイガー木
「手間と時間を掛け練習だ!」
とメッセージを送っていた

技術的なことではなく、練習を繰り返し行なう事で、イメージと体の動きを合わせ、理想の玉を飛ばす

トーナメントでここ一番,一回のスイングのために、数千発玉を打つ
石川 寮選手出所NHK


石川遼選手の言葉
「一年中スイングの事ばかり考えているでしょうね、今は一日中ゴルフに専念できる事がうれしいいです」

焦らず、諦めずかめパン


グー!FC2 Blog Ranking クリック感謝ですグー


リズムMACD主宰のマダイです

日々のブログにはトレードでの実戦的な戦略を簡略してアップしています
生徒に解かれば良い程度で書いていますので物足らないかもしれませんが
詳細に書いている間に相場は刻々と動くので書いたときには変化していましてw
さ~っとかいてます約5分程度でしょうか、でもどうですかね?

さて、リズムMACD教室掲示板より抜粋です
「 利食いできたから正しい良いトレード、上手い、良い手法だ!o(*▼▼*)o ワクワク・・

ロスカットは失敗、ダメダメトレード、使えない( ̄× ̄)b゙NG!!

とそう感じてしまう、自分は下手だ、手法を否定してしまう

経験則から見ればそう考えてしまう事でしょう、誰でもそうです

しかし、どんなに優れた手法でも全勝はありえません!

無いのです、確率は5割を超えません

10回のうち5回は損切りが当たり前なんですよ」

私が相場で当初からやってきた事ですがチャートのどの部分を取りたいのか
そのためにはどうするべきなのかテクニカル、ファンダメンタルズ、建て玉操作
つまりエントリーの部分だけですね

でも、エントリーが良くてもエグジットがダメならば結局は益になっていたものが損切りに

なり、やがて損大、利少になっていきました

そうなってくると、損するのが嫌で、相場を見なかったり上がる理由を探したりしているうちにどんどん含み損が大きくなって、ロスカットしたときには心の傷と桁が二つも少なくなっている残高でしたね

リズムMACDはワンリズム取り、エントリーからエグジットが明確なんですね

それでも、先のことは神様しか判りません
当然損切りもありますよ

やるか、やらないか

それをやり続ける事が出来るか

9割の方が教室を去ります

それが、分岐点

仕事ですからね

5万儲けるためには10500円の益を出し10000のロスカットを行なう作業を100回やれる根気と
信念を持たなければならないときもあるということです

少し大袈裟か、実際はそうでもないのですけどw

覚悟を決めてやるか、やらないか、自分で決めるのです

いいですね

マダイ







[リズムMACD次のステージ]の続きを読む
ユロドル1H  3月17日

売りの定石です
ユロドルい1時間足です、この場合上昇トレンドですから順張りならばロングを押し目で買いたいところです
でも、リズムMACDでは逆行も積極的に取りに行く事も教えています、レンジの時には
売りも、買いも出来ないといけませんからね

チャートをきった時点の場合1Hでは押し目を形成中ですが
5分足ではMAがDCしているので下降トレンドです、ショートが筋ですね

このように弱い上昇トレンドではいつトレンドが転換するか解かりません
トレンドの転換点の初動に乗るという事、できるだけトレンドに乗るという事が大事で重要ですから

ユロドル売りの定石

詳細は後日、週末にでも掲示板にてファイリング形式でアップします

ではでは

マダイ
グー!FC2 Blog Ranking クリック感謝ですグー
リズムMACDOP講座二日目
なるべく簡単で単純なやり方がいいでしょ?

リズムMACDレンジの定義

ブレインのバーが緑であること

MAがバーを串刺しにしている状況にあること

レンジブレイクはどちらに向かうか判らない

4Hが基本で戦略を考えているのでこのチャートから判断すれば上昇トレンド中の保合いであり押し目買いが有利な局面である

テクニカル指標もMAなどのトレンド系は機能し難いのでオシレーター系指標を重視する戦術


30Mレンジ

30Mでのトレードならば押し目買いストキャスのGC、MACD緑色に変化したら

後はストラテジーテスターで検証すればいいだけグー!


続く

[リズムMACD春のOP講座ばい]の続きを読む
画像だけ先にアップ
コメント解説は後から加えていきます、今回は特別に土日連続シリーズで基礎編を
行なうことにしました
ML面倒なので

来週は春の家族サービス桜があるので、ゲスト皆さんにギフトですプレゼント

TL,RL,SL、でのイメージと実践

①レンジを下抜けしました、ここは100円越えまでには何度もチャレンジする事になるでしょう
 つまり、ここから上を買い進むには、材料、エネルギー不足であるということです
想定通りに96円半ばまで深押ししましたストップを刈られて投げさせられた人が多かったはずです
その後二天底を付けポジションが軽くなり手仕舞いも出て反発で今週も終了、お勧めの週末トレードのパターンでもありますねw


②下げるにしても大きな材料が有ってではないので戻しを試しながら下げていってます
 ①の初動で入れればいいのですけどね下降トレンドですから戻り売りが筋です
上値抵抗線は入れていませんが戻りも弱く崩れて行くところは狙いたいですね
確かに値幅が無いとき、大きく動くときとあるので上手く取れない場合も有ります
乗ってみないとトレンドの強さは解からないものです

ワンリズム取った後は様子を見るということがこのチャートでも見て取れます
下降トレンドでも保ち合いで下手にショートを入れば踏んでしまいますから


③96.5まあチャートを見れば下げすぎのオーバーシュートしていることが解かります
わからない人もいるでしょうが96.80左側に強いサポートラインがありますので
相場は常にオーバーシュートし、不確かだからこそ鞘が生まれます
ここも二天底、上値抵抗線抜け、MACDなどで確認した後からでも充分間に合います
5分足で早めにエントリーも可能ですよね? 

チャートの足はあまり関係なくこの考え方は通用します直近の安値、高値などを下抜け、上抜け
チャートは止まっていますがそろそろ上値抵抗線近辺です保合い後トレンドが出るとイメージが出来ませんか?


上に行くにしても99.5、下げるにしても96.5でしょ
月曜がレンジならしばらくは97.5~98.5の一円幅で考えておきます

あくまでイメージですよw
上昇トレンド中なので押し目買いが有利な局面
一円幅のレンジと考えるのならば半分の50pipで十分と考え
ならば97.5辺りで反転後をロングエントリー98円前半でエグジットできればいいかな位に

そう上手く行くのか、後は月曜の寄りを見てから考えればいいでしょう?
こんなもんで


あした続きますばい


[リズムMACD春のOP講座やで]の続きを読む
皆さんこんちわ昨晩からさんから教室に参加されたぴーちょのどすこいトレード日記
のぴーちょさんの記事にあったのですが
「失敗」

操作ミス、戦略ミス、ロスカット、など色々あるのでしょうが、ここではロスカットで考えてみましょうか

上昇だと判断、ロングポジションを持っていたのに、ストップに掛かってしまうとかあると思います

しかし通常の上昇トレンドで、順張りならば直近の下値を切る事は稀ですから

トレンドの転換点ではスパイクやオーバーシュートもあるのですけどね

上昇トレンドで損切りになったときにはトレンドの転換点が近いという事を教えてくれていると
感じなければなりません!

変化を感じポジションを操作する事を学んでもらいたいのです

ポジションを建てる事で感じる相場の強さそれは利食いや損切りではっきりしますね

損切り→失敗→悔やむ→取り返そうと向きになる→損のスパイラルに陥る

損切り→変化を感じる(おやトレンドの転換が近いな)→ドテン→ポジション操作の技能習得、向上

先の事は判りませんから、ポジションを持ってからでしか判らないものです

ではでは

マダイ






私の主催するリズムMACD教室は自主性を尊重してます
上手くなりたい、トレーダーとして成功したいという前向きな姿勢が大事なのだと思っているからです

学校教育の弊害で学歴が高い人ほどに受動的で、自ら考え工夫し応用展開が出来ませんし、間違ったらどうしよう、こんなこと聞いていいのかなど自分サイドで考え、テイクオンリーな姿勢が多いです
相場の世界では正解がないのです、損するか、益をだすかのみ
恋愛と一緒でマニュアル通りにならないのがトレード
長くトレンドに乗る、人よりも早くトレンドに乗るこのことがじゅうようなんです

ただあまり考えすぎないようにして下さい
理屈ではなく、感覚なのです

負けて退場する人の逆のことをやればよいのですよ

テイクオンリーを止め、ギブする精神を持ち
思考を停止せず、常に問題意識を持ち工夫し実行する
知識に頼らず、知恵を、技能を日々努力し磨く
社会性、人間性を高め、狭い了見を捨て大人になる事


テキストで起こしているから表現がああなっているだけで、私の感覚を文章にしたただそれだけです
正解がある訳ではなく、理論に裏付けされた基準であり基礎なのです

私が、ロウソク足の意味から移動平均線の捕らえ方、見方をテキストやブログで書いていますがそういうことです

知っている事〔チラシ学問〕ではなく
理解し実践できる〔実践的学問〕でないとトレードでは通用しないからです

つまり

私が下げそうと思っても、生徒の皆さんがいや上げそうだと思っても、それは、どちらも間違いではないのです

相場とは常に上げ下げの繰り返しだということで、どちらでもいいのです、乱暴な言い方ですが

下げの取り方、入り方、上げの取り方、入り方の違いなのです〔手法、技能〕

上げるか、下がるか当てるのではないのです、それはチラシ学問なのです

[外為FXトレードの考え方]の続きを読む
リズムMACD週末テキストです
本編は生徒のみということで悪しからず
何処をどう取るのか過去のチャートでポイントを決め考えます
右側が見えない状況下でどう判断し実行できるのか建て玉操作も重要ですし
判断基準となる指標のサインも重要なんでしょう
自分で考えることです、難しい事ではないでしょう


MAとMACD
続きに生徒へ
[リズムMACDテキスト一部公開]の続きを読む
リズムMACDの手法は
私の真似をするそれだけ、ただそれだけのことです、とても簡単でしょう
素直に取り組めばすぐに勝てるのです、我が強い人には向きません!

真似をしていくうちに感覚や、リズム、基礎が出来上がってきます
確かに私の真似ですから私以上にはならないでしょう
でも
そんなのはナンセンスですw
私が基準ではなく、トレードで勝つか、負けるかそれが一番大事でトレードとは元来そういうものなのだからです
但し、実践の場に於いては、トレードの手法〔やり方〕、取り組み方には正しい、間違いはあります

なぜならばデイトレードやスイングは順張り〔やり方〕で無ければならず、その順張りに合ったペアやリズム、トレンド、テクニカル指標、等々があるからです

逆張りにも当然あります

外為FXに関しては値幅があり高レバで手数料も低いので順張りのデイトレードが有利

又クロス円の値動きも順張りで無いと大怪我をしてしまう通貨だからです
それはファンダメンタルズで変化するものですから現時点ではということですけど

相場は常に変化し続けます
ならばその変化に対応するだけの手法で無ければならず、それを具現化するためには精神面、技能の両方を日々高めていくための努力が大事であり
それこそがトレード上達の正道である
リズムMACDの教室の特徴は、その両面を、長期に渡って作り上げる為の基礎を指導しています

ある程度教われば自分で工夫しながら独自のトレード法が確立できる事でしょう
円転自在それこそがマダイ流の奥義を極めたときの境地です
続きは生徒の方に

[リズムMACD]の続きを読む
為替相場、特にメインに触っているドル円が反転してき4Hで見るとW底を形成しましたね
103円を抜けると105円ですか
すぐに上げるような感じではないですね、更に円高に進む危険もファンダメンタルズ的には十分ありますからね

まあ、今はレンジなので上げ下げのワンリズム取りで値幅を狙わなければいいと思いますけどね

さて今回は生徒の方がブログを始められましたので紹介します

 ↓ ↓ ↓ ↓ 

【ニュースから】 FXのいろんなこと 【チャートまで】

私のブログ共々応援していただければ幸いです
実践的で具体的な指導を書き込みますのでよろしくお願いいたします
こちらも合わせて応援お願いします

 ↓ ↓ ↓ ↓ 
とってもビギナーなFX日記

 ↓ ↓ ↓ ↓ 
コツコツFX

トレードで負けない方法?
トレードで勝つ方法?
どちらも同じです

私は製造現場に長く携っているので
思考ルーチンが常に要因の解析と対策を考えるようになっています

たぶんですが、他のトレーダー達の様な、勝率が、回収率がなどの事よりも
手順、方法、考え方、練習法、実践に重きを置くブログになっています

私自身の相場への取りくむ姿勢なのですね

日本の教育の弊害なのでしょう
トレードに正しい、間違いは無いのです、あるのはただ勝つか、負けるかの二つのみ
負けを受け入れなければ勝てません、全勝は少ない回数なら出来ますけどね
トータルで負けなければ良いわけでしょう

データのスパンやエントリーの回数n値、偏差、等々
私は、数学は良く分からないので上手く言えませんがね

勝率が高くなればエントリーの回数は減る
回収率が高いということは負ける金額も多くなる

鞘を抜いていくのがトレードならば普通に考えてそうだろうと思いますけどね
鞘は決まっていますからね,レバを効かせるのでしょう?
他人のことは良いとして

「相場でまける」ということを解析すると、簡単なことで、ポジションがトレンドに逆行しているからですね?

ならばトレンドに順行したポジションを持てばよいわけで
エグジットは逆行しだしたときですよね

もしくは利小で外すかw

違いますかね?

ならば逆行しだすということは逆のトレンドが発生しだしたということですね
トレンドの初動を捕まえるにはどうするのか

それを考えシミュレーションしエントリーのポイントを見つけ検証し
エントリーのルールとして出来上がるものではないでしょうか

その基本的な考え方の理論的な裏付けがグランビルの法則であり、ダウ理論であるということです、あくまでベースです

続きに
[私の相場への取り組み方とその考え方]の続きを読む
リズムMACDのOP講座で本編は生徒のみで
ストラテジーテスターで検証してますのでシグナルが邪魔ですが
ワンリズム取りなので1番目の抵抗線でプロフィット確保
2番目の抵抗線を切った赤いバーでワンリズム終了、反動が出るパターンです
とっても簡単ですw
良い週末を


売買歴ストラテジーテスター
生徒の方テキストできましたよ
さて本日もリズムMACDのオープン講座です

たぶんEAのMACDが入っていますのでそれでやります
動かす前ですが設定をします
リズムMACD教材 ストラテジーテスター編

画像に書いていますがサンプルでMACDが入っていますのでそれで行います
期間は15分足で、分足で下げの初動を取るための検証とシミュレーションを行います

設定は画像のようにすればよいです

右下にスタートがありますのでクリックしスタートです

その後は定型にリズムMACDを入れてるはずなので表示させるのです

時間が早すぎますのでボリュームを20位に設定します

この場合17日00時なので17日でもいいでしょうね

大体30分足か1Hくらいが速くその場所にいくので練習なら早回しすればよいので
時間がないときはそれでよいと思います


分足の練習はい1Hでポイントを決め分足でワンリズム取る練習をしたらよいでしょう

後18日から19日は強い上昇トレンドですからそのときに押し目買いの練習、その後の戻り売り
を練習するのもよいです


上げるのが分かってますからつまりませんけど下の指標を見ながら見る順番や有効性の検証を行います

トレンドライン、抵抗線、支持線、フィボナッチ、等々出せますから

入るタイミングや売買手順の完成度を高めたり
失敗トレードの検証を行うことが先々のトレードにつながります

短時間で練習できますから暇なときにやトレードしながら肩慣らしに使えます
トレードに入る前に今の時間まで再現させることでそのペアのリズムが見えますよ



反省なきトレードは成長がないと思ってください

ではでは







さて、ポニョさんはじめ生徒の方にお答えします

リズムMACD教材

先週は金融不安からポジション株安ドル売りで
週末にはアメリカ当局のすばやい処置で戻しましたがね

つまりアメリカの国策です、国策には向かってはいけません!

生徒の方には掲示板で詳しく書いていますがプレイヤー兼、審判ですからね
私たち個人投資家はネットの外側にいますから関係ないんですね

テクニカル的には瞬時にチャートに織り込まれているのが見て取れますよね、昨日の記事に書いています。

本題ですが

たぶんですが金曜の下げたところでショートエントリーですね?

週明けの今日ですがどんな動きになるか、またもや窓空けになるか金曜では判りませんからね

チャートを見るとストキャスがDCMACDがゼロラインを切り、ブレインもショートシグナル点灯で
エントリーいいポイントです

その後、押し目買いとショートの損切りで上げています、反動です

今回、ポニョさんはうまくいったみたいでよかったです

この戻りをどう考えるのかと損切りですよね

ロスカットの位置ですけど、エントリーの時点でピンクのラインで入れるのかグレーの丸に置くのかです

1.先ず考えなければならないのが下げる前には強い上昇があった訳で、この場合現状としては利食  いからの押し目を形成中、下値には抵抗線がいくつもあり撥ね返されながら下げていく

2.最初に最大損切り幅を108.5と考えエントリーした段階で諦めておき、後は動いたらトレイルしながら値動きについて行くのが普通ですね

3.安全でわかりやすいポイントでいつでもトレード出来るわけではないので、リスクを予め考え、受け入れることが出来ると判断したらエントリーすればよいのですよ

4.安全なポイントは一旦青のバー3本付けた後で再度MACD、ストキャス、ブレインのシグナルが出ていますのでそこで入るのが一番のポイントでしょう

今回は早すぎたポジションの位置に見えるかもしれません

しかし、実際のトレードは綺麗なものではなく、早すぎたり、遅すぎたりで

慌てて利食いしたり、損切りしたりするものです、そんなものですよ
私もおなじですから

待って、我慢でしょうね、ロスカットになってもそれは最初に諦めておく覚悟です

ストラテジーテスターでこのことを考え、粘る練習や

再度エントリーのポイントがあったらポジションを乗せる分割の練習です

いくら、安全な場所ばかり探しても見つかりません、それよりもシグナルに従い損を受け入れることでしか上手くはならないと私は考えます

ではでは


私の主催しているリズムMACD教室なのですが
ワンリズム取りになりますFXではとても有効な手法の一つです

しかし、内容は手法中心ではなく売買ルールの構築とその有効性の検証と練習及びメンタル面の強化に重点を置いているので必然手法はついでという事になってますかね

トレンドを理解することが優先します

つまり、ポジションを持つという事は最終的的には益にならなければない訳で
手法でエントリーを教える事が出来てもエグジットに関しては教えられないのです
ストップや目処は教えられますがね


テクニカルトレンド教室といったほうがしっくり来るでしょう

なので売買に関して私が何か言う事はほとんどありません
私の売買を参考にしても、まねすることは出来てもそれだけのことで先がないからです

売買は個人的な事で他人がとやかく言うものではないというのが私の考えです

ただ生徒の方には勝ってもらいたい一心ですけど

先ずは検証と練習をお願いしています、 自分で考えながら作り上げるのです 
自分でテクニカル指標の有効性と定石、パターン解析を行い売買のルール作りやテクニックを磨く作業

実践的には週末解析を必ず行い提出なんですけどw

私は、シュミレーションだけでも千時間はやっていますしテクニカル分析も日々行っています

そんな私と同じようにできるのか?

そういう事です

やり方、考え方は教えることができますがね



[再度教室の内容の説明です]の続きを読む
リズムMACD オープン講座ドル円です

直近のドル円でのトレードについてですが先ずは先週の動きと今週とではトレンドに変化がでています
画像の白丸で下げ止まりを感じ取れないといけないですね106円を切りすぐに買いが入っているのが見て取れます、その後はショートの踏み上げでした

大きく戻し長期トレンドラインを上抜けしたけれども直近の抵抗線で跳ね返されています
ドルが弱いのですね、そろそろユロドルも下げ止まり、リトレースメント入りを予感させます

ドル円、記事ではハッキリ書いていませんが戻り一杯でショートで正解でしたね
相関を書いているのはこのためで、つまり
ドル円が下げ止まり戻りも弱いので変化がでてきた、なのでユロドル、ユロ円にも影響がでるかとね

ドル円4H リズムMACDオープン講座

ペナントを形成していますから上下どちらでもよいのでしょう?
値幅を狙わなければブレインとMACDのシグナルで安全なエントリーポイントがいくつもありますよね?
[リズムMACD OP講座]の続きを読む
さてポニョさんが悩んでいるので
相関をトレードの戦略でどの様に取り入れていくのかです
難しい相関係数を使わなくてもよいのです
簡単に決めてしまえばよいだけです、考える時間を少なくする事と迷いをなくすことですね

デイトレードでは相関を使う人とは多いです、私も見ていますが難しくは考えませんけどね
お友達のしましまさんもそうですね

デイの場合は1Hか30Mで見ます

つまり単純なことしか人間は出来ないのです、大脳生理学から休みの日にでもアプローチしてみますが〔注:暇があったらね〕


ドル、ユロ、円でクロス円を触る場合です
ユロドルが今下降トレンドですね

なのでクロス円のショートを考えるときはユロ円を売ります
ロングの場合はドル円となります

ユロドルの戻りの場面でもあくまで長期トレンドが上向くまでは変えないで良いです。

つまり長期トレンドで考えればよいわけです、基準MAの上下でもいいですけど

ユロドル相関

多少の戻しブレは影響が少ないから考えなくて良いのですよ

FXトレーダーとして成功したいのならばこのような些細な所も詰めて考えトレード、少しでも益を積み上げることでしょ?
続きにドルストレート

[リズムMACD、オープン講座相関と戦略]の続きを読む
リズムMACDの夏季課題をオープンで行います
生徒の方はML、掲示板で課題に答えるように
リズムMACD夏季課題

EURJPY日足です今回はスイング、ポジショントレードの講座兼課題です
では先ず、画像の解析から165.4のサポートラインで止まっていますね、偶然でしょうが機能していますね、一旦リトレースメント入りでしょう?
下抜けしたら162円.160円割れまで考えておくべきですね

生徒の方に課題です
検証シミュレーションです
リズムMACDの基本ですが、緑ゾーンが押し目買いのポイントです
4Hで前日まで遡り検証しましょう

手順ですが
1.ピークの前日まで遡り、チャートを再現させ、各シグナルの有効性を確認しながらエントリーのポイントを探します

2.ポイントが決まったらエントリーの手順を作成しその有効性を検証
たとえば〔MACDの信号の変化→ST赤から黒→MACD0ライン抜け→短期MAのクロス、ブレインのシグナル〕
せいぜい5個くらいです欲張って一杯つけないように、迷うだけです

3.分足にて同じ作業を行い精度を高める

4.他のペアで検証

余裕のある方はピンクゾーンのピークを売る検証もやってみてください
ストキャスが上に張り付いたままで、MAのDCは遅行している、押し目とは様相が違っていますね
その違いを確認することです、入り方も変化しないといけないですよね?
より難しいはずです

ではでは一寸寄り道 FXランキング


FX



MT4はここで日本支社で日本語対応
為替と相関のある日経平均,金、OILも入っていますので、おすすめですよ

   ↓  ↓  ↓  ↓


   


リズムMACDオープン講座ポン円4Hメタトレーダー4です

本日二回目はダイバージェンスです

ダイバージェンス


ダイバージェンス(divergence)とは、もともと「離れていくこと」、「相違が見られること」という意味。上に為替チャート、下にテクニカル指標のチャートを並べたときに、プライスのトレンドとテクニカル指標が離れていく逆行現象です
つまりこの場合下降トレンドですがだんだん安値更新値幅が狭くなり安値を更新しなくなってくることです
ショートの利食いが出始めロングの新規ポジションが多くなってきている状況です
簡単に言えば売りと買いのバランスが均衡してきているといえます

ダイバージェンスだからといってトレンドが転換するとは限りません

しかし減速してきたことは確認できます

私がテクニカル指標にもトレンドラインを引きなさいと言っているのがこのことです

道具を使う技能これは何度も練習しないといけないのです
このようにMACDとブレインだけで充分戦略と戦術が建てられますよね?

つまりショートエントリーのポイントでは欲張って値幅は狙わない
逆に強いトレンド発生初動のロングエントリーポイントでは強気で入ることが出来るのです

生徒の方はこのようにチャートにて自分の必勝パターンやそのポイント考え方を書き込みオリジナルの必勝法を確立させることです

難しい事は出来ませんよ、手法の単純化と見るポイントつまり目処を付け現状認識し心の準備を行うのです

ではでは


リズムMACDオープン講座ポン円4Hメタトレーダー4です

ポンド円で質問があったのでブログにて答えます

トレンドライン、サポートライン

先ずこトレンドラインで見ますとペナントを形成しています、直近は213.3から214.7のレンジともいえますけどね

プライスが収斂していき下抜けしていますね

中々ブレイクの初動にエントリーすることは難しいいのですけど
リズムMACDの考えでは上の下降トレンドラインと短期トレンドラインがクロスした位置に注目ですね

短期トレンドラインに頭を抑えられながら上値を切り下げていますデイやスキャルの目処として機能します、ただこの時点ではどちらに振れるのかは判りません

経済指標で大きく売り込まれていったのですが
①上昇トレンドライン〔オレンジ〕を下抜け
②サポートライン213.70下抜け
③ブレインシグナル点灯、MACD0ライン下抜け
これで順張りでしょうね
手仕舞いの目処が強いサポートライン212.00になりますね

ラインが奇麗に引けるかどうかではなく、そのトレンドラインやサポートラインをどう捉えるのか状況判断し、更にエントリーが出来るのかどうかです

練習しかないですね

次回はダイバージェンスです

ではでは


MT4を使うならここがいいです、日本支社で日本語対応
為替と相関のある日経平均,金、OILも入っていますので、おすすめですよ

   ↓  ↓  ↓  ↓


   
チャート画像をファイリングすることは大事ですね、得意なパターンなどを見つけたり記録になります
又、手法の研究には必須ですからちゃんと作れるようになりましょう

最初にドル円週末解析です
リズムMACD ドル円4H7月27日
現在上値抵抗線108円で止まり二点天井を示現しそうに見えますがCMEもバク上げですからドル円は上げそうですね

今回はOIL先物の影響で乱高下しましたがチャートはすぐに織り込んでる事が見て取れます
下げる前にはダイバージェンスが発生していますからね


ペイント使用法

見ると直感でわかると思いますが
上から点線のうやつで切り取ったり線の種類が筆やスプレー、消しゴムなんかもありますね
線も直線と曲線が選べます

Aがテキストです上の表示をクリックすると書式バーがあるのでフォントも自由に選べますね

使いやすいのでおすすめです
他にも倍率を変えたり他にも手を入れることが出来ますけどね


リズムMACDOP講座です
私のブログはテクニカル中心です、ファンダメンタルズも書けますがね
リズムMACDの掲示板では今回の下げ止まりを示唆し,
警告を出していたのですがクロス円、ドルストレートを売買した報告がないのは残念ですけどね

会社では揚げ足を取るのが自分の勤めと考える薄っぺらな同僚と過ごして居るとうんざりで
日々、こんな人間になりたくないと生きてきました


私は極力揚げ足を取らない生き方を目指し、若きトレーダーの育成に今後の人生を私の哲学に誇りを持ち挑んでゆくのです

さて、生徒の皆様

私がなぜ下げ止まりを断言したのか

テクニカルで判断するのですが、相場の本質は怖れ、と欲で動いています
先が見えない状況下では、早く楽になりたいとポジションを外し

もうたいがい下がっただろうとポジションを持つのです

トレーダーたちの怖れが今回の株安、債券安、ドル安を示現し
欲望がオイルや穀物の先物市場の高騰を進めているのです(お札の刷り過ぎですがね)

マダイ流リズムMACDの狙いは怖れ、欲望をコントロールする人間性を育成することこそが目的で

それを身につけるためには自分の殻を破り人の揚げ足を取ることを止め

謙虚に素直に生きることなのです

美、醜、善、悪、欲、損、自、他、利、害

対局です

でも

本来

人間の持つ姿です

これを、否定することは、神や仏を否定することです

否定は簡単で楽ですね、逃げますかどこに?

肯定し、受け入れる事です自分の姿を

欲や怖れを

相手を許さなければ自分が許されないのです


本質を観る、人間性、社会性

私はトレードで常勝するための必須条件でではないかと思っています

きびいしいですよ、ついてこれるのですか?



ではでは






今年の四月からリズムMACD教室を開いています

私が個別に手作りの資料を元にMLでやり取りしながら指導しています

内容は当然リズムMACDのやり方考え方ですがどうしてもチャートの基礎がメインになってきています
これは非常に教えるのがですね正直難しいです、個別に指導しないとね

信頼関係が無いと指導できないのです、MLのやり取りでどこがズレているのか修正しないといけませんからね
上手くいかない、負ける原因も数回MLのやり取りすれば大体判りますけどね

私は助援でしかなく結局は自助努力するしかないとはっきりここで言っておきます
シミュレーションや練習も真面目にやらなけければ、MLの返信や質問はできませんからね
MLでの返信が無ければ先に進めないことにしていますので

10人中2~3人が続けて指導を受けている状況です

教室参加の条件はブログの応援とこのブログからFXの口座開設が条件です
私の善意でやっています

今のところ余裕ですが、多くなって対応がきつくなったらクローズしますので悪しからず


本日右下にMT4のインディケーター集を置きました使って下さい

では~

SEO対策:fx