上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リズムMACD手法で週末解析

株式市場は戻り売り、クロス円もしっかり持ち上げてからの下げ

まあ

いつも言っているけれど

みんなが下がると思っている内は思うほど下がらず逆に持ち上げられ、その後すーっと下げてくる

そういうものでは?

下げを期待し売っている人が多い分下げ難くなる

又、元のニュースで売っているやつは一寸でも逆行した瞬間から裏切られたと勝手に思い込み踏んでしまう

切ったその瞬間から下げてゆく

その依存した心理を突いて来るのが常道なんだよということ

表に出てきている情報は出た瞬間、過去のものとなり真実ではなくなる

逆手に取りポジションの入り具合を見ながら仕掛けてきている相手がいることを忘れてはいけない

想像することです


さて本題、ドルインデックスを見ると
今週は穏やかに推移しそうである

材料もそうないだろうから

ユーロのほうは戻り一杯の様相で仕掛けるならユーロがいいかもね

本日は休肝日

焼き魚と味噌汁で質素に行きます

暑いので冷たいものを取りすぎないようにね

ではでは

マダイ



スポンサーサイト
今日は中国株式市場の解析から今後を見てみたい

ファンダメンタルズは日々変化し大衆はその変化に追随しながら恐れや欲望に突き動かされるその変化は直ぐに織り込まれてゆくもの


銅チャート619

出典

どう見るのか
もはやチャートにはポイントを示さないが過去の記事を読んでいるなら何を言っているのか直ぐに判るはずである

銅チャートのトレンドは陰転している、出来高が多く押し目買いが入っているので酷い事にならないとよいのだけどね

仕掛けているのでしょう、大事な節を二つも下抜けしている状況だ

素直に考えるのならば戻り売りでしょうか

銅チャートは中国株式市場の先行指標として見ている、その影響は日本株だけではなく
オージーにも波及している、すでにである

中国は都市部限定ではあるが不動産取得に関して強い規制を行いバブルを冷やしてきている
そんなに簡単には止まらない

そんな中テレビで不動産投資家のインタビューをみた強気で鼻息が荒く絶対上がるとうそぶく

いつか、どこかで見た風景、デジャブー

もうすでに、確実に仕掛けは始まっている事がこのチャートで見てとれるだろう

其処へ10%の消費税ですかw

誰が総理に成ろうが運命は加速して行く誰も止める事なんか出来やしない

それが今の日本人の波動、もちろん強い下降トレンドでの戻りを試している段階

まあ、先の事は判りませんが困ったことは起こらない、学びの時間が近づいちよるようです


ではでは

よ良い週末を

マダイ






今週はドルインデックスが天井圏でユーロの方も自律反発で戦略的には良かったんじゃないかなw
まあ予測は外れるので期待しないで行きましょうか

今は初動,大きく深押しがあってもおかしくないので注意しときます

レンジの様相なので戻りは売りで考えておきましょうか

明日はオランダ戦,こちらも期待せず良いプレーを満喫することですね

プレーする選手は負けてもいいなんて思いながらプレーすることは絶対にありません!

強い相手にも臆せずにしっか今出来る事を全力でプレーされんことを
はるか九州よりエールを送ります


相場では私のような零細トレーダーはファンドなんかから見れば存在すら目に入らない格下どころか
砂粒程度の存在

負けて当たり前なんです

下手には下手なりに防御を固め一瞬のチャンスを生かすもの、サッカーに学びました

感謝!

皆様も良い週末を


ではでは

マダイ
リズムMACD手法で週末解析

ユーロインデックスでは値幅のある下げですがマダマダ下げる余地があるでしょう
ファンダメンタルズからしてもですね

但しですよw

多くの人が下げると思っているのならば今週は自律反発が出るかなと思ってます
下げるにしてもショート筋を踏み上げてからと見る

ショートポジションが積み上がってますから


ドルインデックスは二点天井を付けドル安になっていった89.62を抜けるのかどうかでしょう

一旦ドル安に押し目を付けに行くかなと見る

先週のドル円は収斂してますので今週はトレンドが出るでしょう

ドルの動向次第で方向が決まる

株式市場は灰汁抜けし戻りを試しているので円安に行くがドル安で相殺か

結論はユーロ買いの方に妙味があるかなということで
外為FXをテクニカル分析
日々の更新は控えてゆっくり家庭菜園やジョギングに汗をかいている日々です
経験を積んだら農地を少し借りて食べる分だけの野菜は作ってみたいw
自給自足とは言っても苗やら棒やらネットなど購入すればそれなりの出費になり
買った方が安くて早い

何でもそうなんだけどね
最初に土を作って種を蒔き、水をやったり、害虫の駆除をしたり草刈など手入れも必要だ

相場も同じ
種を蒔く時期があり、草を刈る時期があり、道具を揃え水をまき収穫のときを待つのみ
後は天に任せるのみ

その繰り返し

クロス円は収斂中でしばらくトレンドが出るまで時間が必要
日本株は投げが終わり灰汁抜けかな

ドルカナ刃テクニカル的に陽転しました、値幅が此処からはあまり期待できませんけど
押し目は買いでよいでしょうね

ユーロに関してはファンダメンタルズ的に見てもユーロ安が良いに決まっているので
ユーロはしばらく売りが有利でしょう
向かわないほうが無難ということで

チャートも誰が見ても右下がりですからね
ユーロが安ければ観光客も来るし、物も売れるからね


日本も同じね
国債発行残高云々とか言うけど
もしそれがなかったらものすごい円高だったんじゃないかな

庶民が物を買わない、お金を使わなくなってる

ならば安くしようということでデフレになってる
増税なんて言ったらますます酷くなるのにね

年金問題をしっかりやって、投資もどんどんやってもらって

儲けたらじゃんじゃん使ってもらう

それが一番さ

ではでは

マダイ



リズムMACD手法で外為FXを解析

ユーロドルは大きな節を下抜け週足のフィボナッチでは半値戻しでした
ユーロ安が目的でしょうからね

先ずは1.100が目先底で 1.000では止まらず 0.900までは年内あるかもと見ています

となるとドル高なんでしょう?

円高は微妙で105円は難しく成ってきたかな100円がせいぜいといったところか

さて本題の週末解析

ドル円は菅直人が民主党代表に成ったことで円安へ振れ雇用統計で株価は仕掛けられた感でしょうか

戻りは売りと素直にトレードしていれば良いということで

以前にも書いていますけど
ロングポジションが多い分上げはジリで下げは急なんでしょう

今回のことでドル円は2週はジリッポく下値を確認しながらかな

月曜の朝ですが4Hではトレンドライン下限でもあるので大きく割れて始まってもおかしくはないので
注目です


ユーロに対してはドル高ですがドルインデックスを見ると上値が重いな

6月は円高に傾くと意識しながら考えているとゆうことで

良い週末を

ではでは
マダイ
SEO対策:fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。