7月25日 リズムMACD手法で週末解析

銅チャート7月25日

出典

銅チャート出来高を伴ってのブレイク、素直に強いと思う

株価は利食いは出るでしょうが下げにくく成っていきそうに感じる。

ドルインデックスを見るまだまだで
ドル円をテクニカルで見れば今週は87.5辺りまで円安はあるけどドルは弱い

ユーロのほうが気をつけておいたほうがよさそう、変わらず下げそうな雰囲気

今日はジェームススキナーの本がCD-ROM付 図解 成功の9ステップが届いたので早速CDを見てみたいところ

朝、早起きしてジョギング10km、庭のみずやり、買い物も済んでいるの

今日も暑いので自宅でゆっくりします


ではでは

良い週末をお過ごし下さい

マダイ

リズムMACD手法で週末解析7/19

クロス円は大きく下げたところなので今週前半は戻りを試してのそこからの動
ドルインデックスチャートを見るともう一80までは考えておく必要はある

下げすぎなのは投げが出たからでしょう
何処か危なげな上げでしたからね

投げが出たのでここから再度下押しするとは想像し難いということです

ユーロのほうが下げそうな雰囲気がある


株価のほうもポジションが軽くなり更なる下げは考え難いが上にも行きにくいのでは?

市況が活況になるのはお盆明けくらいからか


さて長期のテクニカル分析ですが
目先はドル安による円高が何処まで行くのか見極めが必要ですが

年末には円安に成って行くのではないかという見方には変わりなくです

テクニカルで判断すればという意味です

ファンダメンタルズ的には円安が日本にとっては良いでしょう?

と思います、期待も込めてねw

期待すると裏切られますけどね


ではでは

飲みすぎ注意ということで


マダイ

日経平均株価は下降チャネルチャネル抜けるための10000 は大きな壁である
陰転しているし、景気回復までは行っていないけど

米国の雇用統計から決算の流れを考察すればリストラ効果が出てきている
今後、雇用の改善が進めば株価は期待できるのかもしれない期待したいところ

でも目先戻りは売りが筋

クロス円をチャートで見る限り自律反発が出て戻り一杯の様相ってなかんじで90円を越えるまでは
こちらも戻り売りが筋

米の株価がこのまま堅調なら円安に再度成っていき年内には100円を見に行く可能性があるのでは

と思う、週末再度長期の解析を行ってみようかな

ファンダメンタルズはよく知らんけど、心理に関してはね自信はある

IMFが増税をしんしゃいと言うけれどw

10%に消費税を上げても税収が大きく増える可能性があるのか?

それよりも景気回復させ雇用を増やした方が自然、増収になると考えんかね?

国民に税金を納めて下さりありがとうございます
そのおかげで議員の仕事が出来ます感謝しますくらい言えんかねw

まあ、そういう謙虚さ、素直さ、感謝の気持ちが無いやつに天から愛デアは降りてこんよな


ちゅうことで、もう直ぐ梅雨明け、ビールが旨いほどほどに

ではでは

マダイ


リズムMACD手法で週末解析

ドルインデックスは84で70台前半まではありそうで強い下降トレンド

ではあるけれどドルは一寸戻りを試すかな

ユーロは踏み上げ終了に成るのかどうかでしょう、株式市場は決算も織り込み済み

クロス円は先週の見解と一緒でこのまま収斂していくものと見ています

ではでは
良い週末を
リズムMACD手法で週末解析7月4日

先週は米の雇用時計があったので週末は大きく動きました
まあ

このブログを読んでいる方は株式市場が急落することは想定の範囲内

当然、筋の仕掛けが入ってましたからね

結果金曜日は落ち着いて推移しましたよね、下げると思っている人が多ければ多いほど
下げんもんですたい

今週の展望ですが

株式市場は選挙もあるのでそう大きく動く要素は無いのでしょうが

クロス円と共に下降トレンドの戻りを試すかどうかに成ります

テクニカル的に見てもドル円も86円の節を試したので下げよりも戻りに歩があるかなと

もし下げて行くようなら84円更には70円台も視野に入れての売買戦略ということです

ですが

まあそこまではないでしょうw

揉み合って夏休みを迎え再度ジリジリと推移するかなと見ています

各国の思惑は自国通貨を弱くしドル安、ユーロ安に誘導
円だけが孤立しそうな感じで見ています





[週末解析7月4日]の続きを読む
SEO対策:fx