外為FXをテクニカル分析

ユロ円105、ドル円80円で反転ですね

為替をトレードするのに重要な考え方になります

相場は上げ続けることもなければ下げ続けることもないのです

相場は需給で決まります

その判断基準となるのが(高いとか安いとかね)

きりがいい数字が心理的な節と重なるね

なので売買では様子を見たり、早めに手仕舞とか
仕掛けとか

思惑が交錯します

需給なので

多くポジションを持っている側が不利になります

不利というだけです

ファンダメンタルズの裏付けもありますので

単純ではないです

今週は自律反発後の調整となりそうなので

ユロ売りオージー維持で凌ぐという相も変わらずの戦略となります

通貨の強さをイメージしていますが

オージ>円>ドル>ユーロ

ドルと円をベースにオージー買い、ユーロ売りのタイミングを

見ているといったところです

ではでは良い週末を

マダイ

外為FXをテクニカル分析

ドル円80円、ユロ円105円が強い節ですね
近辺で先週は調整となっています

一気には行かない

テクニカル的には今週も引き続き調整でレンジかな
下抜けするかどうかすが

そんな時はファンダメンタルズを確認

政策は変わらない、底流は円安ですから

このまま反転して上げて行くかも

IMFの救済でしょうか

先ずは上げるにしても金融緩和なんでしょうね

下げは一旦ブレーキと考えます

株価は相も変わらず低迷、出来高も少ないか

中国のインフレはますます酷くなり経済の鈍化は加速すると思っていますので
円安に向かうと考えます、まだまだ日米欧に比べれば内需は拡大中なんでしょうけどね

日経頑張れっていう事で

ではでは

マダイ





外為FXをテクニカル分析

うん、しまった

夏野菜の植え付け準備をしていたらブログの更新を忘れていた

今年は早めに準備しているので余裕はあるけど、やらなけれbならない準備が
結構ある、肥料やなんや買いにいったり竹を切ったりしているとあっという間に
時間が過ぎるねw

テクニカル的には先々週の記事で書いたように、一旦買い方が降りて
崩れている状況です

ファンダメンタルズもそういう時は悪いですね
政策は変わらないのですが

為替をコントロールするには欧州の借金多すぎなんですよ

さてテクニカ分析です

ドル円ですがこれは79円台を確認しに行きそうな下げ方ですね
週初めは調整しそうですが、まだまだかな

ユロ円はもっとひどいかな99円台はさすがにだけど
102円台は見に行く勢いです

週初めはさすがに調整かなクロス円は

基本戦略は変わらずユーロ売りのオージ買い

そのタイミングを分割で狙っているだけ

大きく狙わないのがコツです

ではでは

マダイ
SEO対策:fx