上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外為FXテクニカル分析トレンドラインサポート、レジスタンスラインの引き方を簡単ですが
簡単なんですけどね実際w

これが引けないとだめではないですが、トレードの基本だと認識していますw

トレードで重要なのはシグナルで入っても出口を考えていないと利食いが早かったり
せっかく利が乗ってるのに、逆にもちすぎて損切りになる事が良くありますよね

又、トレードが単発になりやすく今回のドル円ショートのように、入り損ねると、次はどこでポジションを持ってよいか判らなくなるものです

私も良くありますよ、クリックしてください大きくなります

トレンドライン、教材


バーをライン線に変え、山の頂点と頂点を結んだ線が下降トレンドライン、逆に底と底の頂点を結んだラインが上昇トレンドラインとなり反発の目処となります。


同じように支持線、抵抗線も引きますが頂点が一杯あるときは切りの良い値の所で私は合わせてみています

トレンドが強い時はブレイクしますのでベガスラインのフイボナッチラインを次の利食いのターゲットつまり目処にします


利食いの目処が今度は逆に、戻り売りのポイントになるわけですね。

今のトレンドは、ドル安円高なので、基本はショートが有利な局面です、なので、戻り一杯の目処がトレンドラインや上値抵抗線になります、プライスが近づいた時にまってましたとショートシグナルをみてショートポジションを持つという事です

あとは支持線やフボナッチラインをターゲットにして付いてゆくということです

詳細は私のテクニカル分析実践編を再度読み直せばどこでどう考えているのか
どうチャートを見ているのかポイント毎に解説を入れていますので

再度読み直しておきましょう

恐れすぎずにポジションを持ち、欲張りすぎずに撤収w



役に立ちましたら応援クリック等よろしくね

更新のモチベーションアップになりますのでお気に入りに入れてもらえると助かります、宜しくお願いします

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ブックマークに追加する


外為トレーダーマダイを 為替ブログへ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gaitamefx100.blog69.fc2.com/tb.php/321-42b50660
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。