上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外為FXをリズムMACD手法でテクニカル分析

私は短期売買が主なのでリズムを重視しチャートを見ています、其処には相場参加者の心の動きが
現れているからです


少し間が空いたけど

⑤大衆心理はつぶやきの中にある

今回の円高でドル円は強い下降トレンドになっています

つまり、買い手より売り手のほうが多い状態です

暴落するぞ!

下がれ、下がれと願う人が多ければ多いほど80円のラインは固く強固なものになり82円台は
薄く脆くなっていきます

多くの個人投資家が、下げろ、下げろ、そうつぶやけばつぶやくほど相場は逆行してしまうということなのです

ですから

先週、私が、チャートを見て注目したのは節と大衆心理

どういう動きになればショートポジションが踏むのか、誘いに乗るのかを考え

ブログにアップしています

先のことは判りませんが大衆心理はある程度ですが、経験で判ります

それは、自分が過ってチャートに振り惑わされていたからです

あなた方の心の中に、欲望や恐れがある限り何度でも、何処までも試されると思ってください

駄目だと思ったら外せばよいだけのことで
いけると思えば強く加えればいいだけのこと

もし今回ドル円で踏んだのならば大衆サイドに居る負け組みのままだということです

続きに今週のドル円





先週のドル円を振り返ってみれば
週始めに下値を探り反転し踏み上げ相場の様相、ドルインデックスはドル高になっており

ユーロが売られている

ドル円が82円台まで上げて来たことで80円を切るシナリオが考えられます

ドルインデックスから考察すれば、今月末まではレンジ相場の戦略を選択するべきでしょう

ユーロが売られドルが買われる、しかしドル安政策は変わらずです

希望としては92円台まで年内に回復してもらいたいところですが
チャートを見る限り難しいと判断します

ではでは良い週末を

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gaitamefx100.blog69.fc2.com/tb.php/920-5f727d41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。